Go to...

コラボ・ゴルゴ13

ゴルゴ13を紹介

ゴルゴ13は1968年11月から出版されている超ロングアニメなのですが、ゴルゴの渋い顔がさらに人気を呼んでいるようです。
そのため、2015年4月の時点で単行本は176巻を超えるという実に超大作品といっても過言ではない作品に仕上がっています。
現在60代の方ぐらいの年代の方が知っているアニメなのですが、現代でも違和感がなく、どんどんその人気を広げています。

そんなゴルゴ13の魅力はゴルゴが扱っている銃にあり、遠くから敵をしとめるスナイパーガンがゴルゴ13のイメージとなっています。
さらにゴルゴ13の狙った獲物は逃がさないというA級スナイパー並みの腕も同時に人気を呼んでおり、沢山の方に愛されています。
また、ゴルゴ13の作者はさいとう・たかをさんで、独特なアニメの表現を活用して読む人全てを楽しませてくれます。
長い年月を通じて沢山の方に愛されている作品として今でも人気を出しています。

ゴルゴ13になるとは

ゴルゴ13になるにはまず、環境を整える必要があるのですが、代表的な対応としてコスプレがあります。
しかしゴルゴ13の顔を表現しようとしたら、とても通常の人のまゆ毛では表現できないので、マジックや付けまゆ毛を使用して対応する方が増えています。

さらに、ゴルゴ13を表現するにあたって必要な対応として、スーツを揃えるという事も忘れていけない重要な対応となっています。
また、ゴルゴ13のイメージを付けているスナイパーライフルの用意も忘れることなく対応する事が大事です。
サバイバルゲームでゴルゴ13になるにはコスプレと銃が最低限必要になります。
そして、その後に腕を磨く事で、ゴルゴ13になる対応をする事ができるようになっています。

ゴルゴ13の銃を再現

ゴルゴ13のスナイパーライフルを表現するために必要な対応として、チークピースやスコープなど本格的なスナイパーライフルを作るために欠かせない対応が必要になります。
東京マルイから開発販売されているのですが、M16A2ゴルゴ13カスタムが作られています。
M16A2ゴルゴ13カスタムは本格的なスナイパーライフルとしてゴルゴ13が愛用している銃を再現してくれます。

さらに、このM16A2ゴルゴ13カスタムには精密射撃ができる仕様がしっかり整えてある上に、銃を入れるケースもゴルゴ13が使用している本格的な形で作られています。
このようにゴルゴ13が使用している銃と銃を入れるケースを本格的な形で対応できるように対応してくれます。
特にゴルゴ13が好きで、ゴルゴ13のようになりたいと考えている人にとってはこの銃が欠かせないので、しっかりと対応できるようにしていく事が重要です。
そうする事で、本格的なゴルゴ13を表現できますし、楽しみながらゴルゴ13になりきる事ができるようになります。

3月 26, 2016
Comments Closed
Tags:

Comments are closed.